どうもー、クロユキです(^^)/

【クロユキのせどりブログ】を見てくれてありがとうございます!




リアルタイムで稼げる情報や商品情報などは

LINE@で流していますので、すぐに稼ぎたい!!という方は

クロユキのLINE@へ登録しておいてくださいね!
↓  ↓  ↓
友だち追加






今回のせどりコンサルは

『融資を受けて大きな資金を調達する』




せどりで利益を増やすには
利益の高い商品をリサーチして仕入れる事も重要ですが
仕入れ量自体を増やせば、それだけ多くの利益を生むことが可能になります


つまり、同じ商品でも数を揃えればそれなりの利益になるのです

積み
積み

それが『縦積み』といわれるもので
利益がそれなりでも積み上げれば莫大な数になります




しかし、仕入れを増やすにはそれなりの資金も必要になります
金

今回はただ普通に資金を増やすという内容ではなく
大きな利益を生むために必要となる大きな資金を調達するための融資方法
ひとつご紹介します


それでは電脳せどりコンサル始めます!



資金を調達する方法はいくつもある



『資金を用意・調達する』と言っても、額によって様々な方法があります


少額(~20万位)であればカードローンなどが早くて手軽ですし
ある程度の金額(~100万位)であれば、銀行などのフリーローンなどでも可能です

カードローン
カードローン

せどりなどでも始めたころはそんなに多くの資金を必要とすることは
多くないと思います


しかし、ある程度軌道に乗ってきて上を目指そうとすると
それなりの仕入れが必要になる場合もあるので、それなりの資金が必要になってきます
金

そして、上記以上の金額となってくるとそう簡単には調達することができません


銀行の融資などもそうですが、それなりの手続きをしないと
数百万~の資金調達というのは簡単な話ではありません


しかし、そのような資金を活用すれば
これまでの収益からステップアップしたワンランク上のステージ
行くことも可能になります


今回はステップアップのために必要な資金を調達するひとつの手段として
『日本政策金融公庫』を紹介します



【日本政策金融公庫】とは



日本政策金融公庫は、日本政府が100%出資をしている金融機関です

日本政策金融公庫
日本政策金融公庫



様々な金融機関や国家予算一般会計の出資を基として
政府主導の下で様々な分野へ融資を行う機関です
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫

機関
機関



融資の幅はとても広く、企業への出資や救済(セーフティネット)以外にも
教育費、環境対策、災害給付特別貸付など
お金を本当に必要としている人のための融資機関になります
融資
融資

融資
融資

融資
融資

融資
融資



この日本政策金融公庫の融資事業のうち
いくつかの内容を利用して融資を受けることが可能になってきます



【日本政策金融公庫】の融資の種類



日本政策金融公庫には数多くの融資内容がありますが
額や利用目的によってある程度絞られてきます


一般的に多く利用される融資内容として

・普通貸付
・新企業育成貸付
・企業活力強化貸付
・新創業融資制度
・担保を不要とする融資

などが挙げられます




・普通貸付


普通貸付は、事業をしている人であればほとんどの人が融資を受けることが可能です

普通貸付
普通貸付

内容によって金額や担保・保証人などの有無が変わってきます




・新企業育成貸付


新たに開業する人や、起業して規模を拡大したい人はこちらの融資が利用できます

内容によっていくつかに分けられています

新企業育成貸付
新企業育成貸付

新企業育成貸付
新企業育成貸付

新企業育成貸付
新企業育成貸付

新企業育成貸付
新企業育成貸付

女性で起業を予定している人などは
コチラの事業貸し付けの方が公庫側でも力を入れている分野なので
審査に通りやすいという特徴があります




・企業活力強化貸付


これから事業を拡大したい人や広げたい人向けの内容となっています

内容によっていくつかに分けられています

企業活力強化貸付
企業活力強化貸付

企業活力強化貸付
企業活力強化貸付

企業活力強化貸付
企業活力強化貸付





・新創業融資制度


ある一定条件以上で優遇された金利、条件などで融資が受けられます
新創業融資制度
新創業融資制度





・担保を不要とする融資


担保が不要の融資内容で、様々な融資が可能になっています
担保が不要な融資
担保が不要な融資



ここに挙げた内容は一例でよく利用されやすいものですが
他にも自分に合った内容の融資があれば、審査が通りやすくなるでしょう



【日本政策金融公庫】で融資を受けるには



融資を受ける際に最も重要となるのが
『どのような事業をしていて』『何に使うのか』
という点です


日本政策金融公庫は国の予算からの出資も絡んでいるので
中途半端な内容では融資をしてくれません


逆に言えば、しっかり芯の通った内容で融資が欲しいと申し出れば
それなりの金額でも融資してくれる可能性がグンと上がります

融資
融資



融資に必要な金額は業種によっても変わってきますので
小規模の飲食店なら毎日即金で現金が入るのでそれほど多額の資金は必要にないはず、とか
逆に仕入れの単価が高かったり、在庫を長く持つ業種であれば
より多くの仕入れ資金が必要になると捉えられる可能性が高くなってきます


日本政策金融公庫は「事業資金のみを融資する専門の機関」なので
資金の使い道と金額の大小についてはしっかりと確認・審査されます
審査
審査

何となくで申込金額を決めると説明ができなくなるので
後々の審査の時に苦労することになるでしょう


なので、まずは
『自分がどのような事を進めたいのか』
『そのためには計算上いくら必要なのか』
をしっかりと確認することから始めましょう


額も『約300万くらい』ではなく
Aに50万、Bに120万、Cに70万、Dに25万、Eに35万など
できるだけ詳細に、しっかりと説明して『必要なんだ』という事を
伝える事ができる内容であらかじめ決めておきましょう




必要な額が計算出来たら、まずは融資の申請を行ってみましょう!



【日本政策金融公庫】で融資を申し込む


初回の審査は厳しい



まず、初めての審査というのは厳しく審査されます


なので、どれだけ必要な金額だといっても、全額融資されるとは限りません

場合
場合

しかし、一度融資をしてもらえて、しっかりと返済も滞っていなければ
信頼性がアップして、2回目以降はすんなりと希望額が通る場合があります




なので
最初の1回目はあまり大きすぎない金額で融資をお願いする事
審査を通しやすくするコツです


いざ高額融資が必要になった時に余裕をもって融資をしてもらうためにも
今時点であらかじめ一度融資をお願いして審査が通っていると、後々が安心です




日本政策金融公庫の平均融資額は700万円程度らしいのですが
1000万円以上の大きい融資額があってこその平均値なので
それだけの融資も十分可能になってきます


ただ、最初から信頼性もないのにそんな額が融資できるかというと
かなり難しいと思われますので、まずは100万円~300万円で
融資を受けてみましょう



融資内容の選択



まずは融資一覧から、自分の利用目的に合った内容を選びましょう
→ 日本政策金融公庫 融資制度一覧ページ ←


自分の利用目的がどれに当てはまるのかわかりにくい場合は
直接聞いてみるのもいいと思います

聞いてみる
聞いてみる



上章でも説明しましたが、国の政策でもある日本政策金融公庫の融資
女性の人や新規雇用・雇用環境を空き全するための融資を推進していて
融資がとりやすい傾向となっています


そのような理由に当てはまるように説明してしまえば、融資を受けやすくすることも可能です




せどりだから普通のビジネス ⇒ 一般貸付になってしまう のではなく

地域で雇用を創出するため(外注を雇って納品などを行うなど)
女性雇用や非正規雇用を改善するための施設修繕、設備投資
店舗がない地域への商品提供をするため(電脳やECサイトでの納品など)

普通にやっている内容でも、言い方を変えれば立派な内容になります


内容的に間違っていなければ、言い方ひとつで融資を受けることも難しくありません
まずは『必要な金額』とともに
この『大義名分』をしっかりと考えたうえで申し込みをしましょう



融資申し込みには支店に行く



申し込みには支店や委託金融機関へ行く事になります

支店
支店

融資の内容や制度によって、受付できる支店・金融機関が異なるので
一覧で調べて、最も近い支店へ行きましょう

→ 日本政策金融公庫の支店一覧 ←



融資担当者と面談する



融資の申し込みを行う際、審査担当者と面談を行うことになります

面談
面談

この審査担当者が自分の融資を通してくれるかどうかの全てになりますので
まずは審査担当者に融資の必要性をしっかりと伝えましょう


この担当者が必要と判断するだけでなく
担当者が上長に融資が必要だと説明できる内容で伝えることがとても重要になります


ただ必要だと訴えるだけでなく

自分の企業には今時点このような強みがある!

しかし、このような弱い部分を修繕できれば
より社会貢献できて、より良いビジネスを行う事ができる!

そのためにこの金額がどうしても必要だ!

という内容を伝える事が重要です

伝える
伝える

もちろん、マイナスとなる内容も出てくると思います


しかし、それを隠してしまうのでは大きな成功はありません


それもしっかりと伝えたうえで、それよりもメリットがあることを伝えきれれば
審査担当者も真摯に受け止めて対応してくれるでしょう



資料を作成して面談に挑む



こちらが本気だという事をしっかりとぶつけるためにも様々な資料を用意し
数字で目に訴えるようなシンプルでわかりやすくて
誰でも資金が必要だとわかる資料を作っておくといいと思います

資料
資料

売上の推移をエクセルで作るだけでも資料になりますし
このような商品を扱いたいという具体的な内容も響きます




あいまいな内容で申請すると、だいたい通りません


融資する側としても、できるだけ未来をしっかりと見据えている企業に
融資したいと思うからです


審査に向かう前に、説明に必要な資料はしっかりと作っておきましょう!
資料
資料


保証人が必要になる融資の場合



融資によっては担保・保証人が不要なものもありますが
基本的には保証人というのが必要になります

保証
保証

保証人は、支払人に何かあったときに代わりに弁済する人なので
誰でも良いというわけではありません


また、融資をお願いいする額によっても人を選びます




結論で言うと、その融資額を弁済できる経済力を持っている人なら
保証人になれる可能性が高くなります


月20万円の返済が必要となる融資の保証人を
月収10万円の人にお願いできるかというと、NOになります


それが、同じ月収10万円の人でも、価値3000万円ほどの不動産を所持していれば
その不動産が担保となって保証人に適任という事もあります


融資額や融資内容によって条件は異なるのですが
全額の弁済が可能な経済力を持っている人
というのが保証人の基本となるので、その条件で考えてお願いをしましょう
お願い
お願い

基本は家族(親兄弟)が多いと思いますが、同僚や同業者でも可能です


また、すでに日本政策金融公庫から融資を受けている人を保証人にすると
それだけで信頼性が高まるので融資に通りやすくなる傾向があります




人によって様々なので一概には言えない内容になりますが
お金が絡んでくる内容なので、浅はかな人選は避けましょう



必要な書類



申請に必要な書類は以下の通りです

・借入申込書
・直近2期分の確定申告書(必要な融資の場合)
・決済後、半年を経過している場合は最新の試算表
・法人の登記簿標本
・登録された印鑑
・身分証明書(運転免許証やパスポートなど)

(青文字クリックで該当ページへリンクします)


他にどのような書類が必要なのか、事前に問い合わせしておくと万全です




内容と書類が揃ったら、支店へ足を運んで担当者と面談し
審査結果の通達には1~2ヶ月を要します


晴れて審査通過となれば資金を調達して
新たな一歩を踏み出せるようになります


まずは自分の今の事業でどれだけ資金が必要なのか
しっかりと試算するところから始めましょう!




今回も【せどりコンサルブログ】を

最後までお読み頂きありがとうございましたー!!




これからも店舗せどりや電脳せどりで役に立つ情報を

配信していきますので楽しみに待っててくださいねー!!




P.S
せどりブログランキング1位獲得しました!!
毎日の様に稼げるネタが満載で【今一番稼げるメルマガ】のクロユキのメルマガはこちら
↓  ↓  ↓
【クロユキメルマガ】へ登録する


直接聞きたいことがある人はこちらから連絡下さい!今なら期間限定のプレゼント付き
↓  ↓  ↓
友だち追加

こちらは個別のやりとりになりますので

せどりでの悩みや仕入れが出来ないなどありましたら連絡してきてくださいね。