どうもー、クロユキです(^^)/

【クロユキのせどりブログ】を見てくれてありがとうございます!




リアルタイムで稼げる情報や商品情報などは

LINE@で流していますので、すぐに稼ぎたい!!という方は

クロユキのLINE@へ登録しておいてくださいね!
↓  ↓  ↓
友だち追加






今回のせどりコンサルは

『出品規制の確認方法』




せっかく仕入れた商品がAmazonの出品規制により販売できない・・・
というような経験をしたことがある方もいると思います

ない
ない

商品を仕入れる前に
少しの時間を使って確認すれば


仕入れた商品が販売できないというような
事態を回避できる可能性は高くなってきます!
回避
回避



せっかくリサーチして仕入れた商品が
販売できないという事態を回避するために


出品規制を確認する方法をお教えします(^^)


それでは電脳せどりコンサル始めます!



Amazon出品制限・出品規制とは



基本的にはAmazonで新規アカウントを作成した直後から
全ての商品が納品できるわけではありません


Amazonでの販売が長期間にわたり安定して継続していると


Amazon側から信頼できると評価され
初めて一定以上の商品を販売することが可能になってきます

信頼
信頼



Amazonでの販売数が少ないアカウントや
販売期間が短いアカウントほど出品規制がかかりやすく
評価が悪くなると以前は販売できてた商品に出品規制がかかってしまう場合もあります


どのような条件を満たせば
商品を出品できるようになるのかは公にされていませんが
自分がどの商品を出品することができないのかを確認することは可能です


商品を仕入れた後に
実はAmazonで出品できない商品だったと知った場合
せっかく仕入れた商品が出品できない・・・
となってしまいます!
ない
ない



このようにならないために
まずは自分がどの商品を出品できるのかを確認することが大切です
大切
大切




出品規制商品を確認する方法



それでは自分のアカウントで
商品の出品規制を確認していきましょう


商品の確認は【Amazon seller central】の
『カタログ』もしくは『在庫』から
【商品登録】を選択します

商品登録
商品登録

商品登録画面が表示されるので
検索窓に『JAN』や『ASIN』を入力し【検索】をクリック
検索
検索

すると商品の画像や商品名等の検索結果が表示されるので
【出品制限が適用されます】をクリック
出品制限が適用されます
出品制限が適用されます

『出品する』の表示があれば
現在、出品可能な商品となります
可能
可能

『出品する』と表示されない場合や
『出品許可申請』と表示されている場合は
今は出品できない商品となります
できない
できない

この確認をしてから商品の仕入れ判断をすると
Amazonに出品できない商品を仕入れてしまうということを
防ぐことが可能になります


ちなみに商品をリサーチする際に使用する[モノレート]から
出品制限の確認をする方法もあります


モノレートにはクリックするだけで
【Amazon seller central】の
商品登録画面へ飛べるリンクが存在します!


それがこの【出品制限】ボタンです
出品制限
出品制限

このボタンをクリックすると
直接seller centralへ飛ぶことができるので
商品の出品が可能・不可能かがすぐにわかりますよ(^^)


このボタンを押す前に別ウィンドウでseller centralにログインしておくと
スムーズに確認することができます


この方法で確認すれば
モノレートで売れ行きを確認してからワンクリックで
出品の可能・不可能がわかりますよ!


以前のブログでアプリを使用した
商品の確認方法や出品許可申請の方法を
説明しているのでこちらも確認してみてください
→アプリでの制限商品確認の方法はこちら←



制限対象商品一覧



Amazonの制限対象商品は


・酒類

・動物および動物を材料とする商品

・自動車用品

・医薬部外品および化粧品

・通貨、硬貨、および現金同等品

・栄養補助食品

・医薬品

・武器および武器を模した商品

・食品&飲料

・アダルト商品

・不快感を与える商品

・ストリーミングメディアプレイヤーとプライム・ビデオとPrime Musicに対応していないデバイス

・Amazon デバイスおよび修理・メンテナンス用アクセサリ商品

・電化製品・電子機器

・レーザーポインターおよびその関連商品

・医療機器の取り扱いについて(マーケットプレイス出品者用)

・盗品及びロックピッキング装置

・医療機器および関連商品

・植物、植物由来製品及び種子

・リコール対象商品

・タバコおよびタバコ関連商品

・その他の商品

・化学物質および農薬となっています


このように制限対象商品は多く
全ての商品を把握するのも難しいと思います


例えば
酒類を確認してみると
【出品可能商品例】として
・アルコール分1%未満の飲料
(ノンアルコール飲料(アルコールが含まれないアルコールテイストの飲料)を除く)
・酒類関連のアクセサリー品
・アルコールを含まないワインおよびビール作成キットなどなど・・・


【出品禁止商品例】として
・酒税法その他の法令や省庁ガイドラインに適合しない酒類
・ワインカテゴリー以外で出品される酒類、ノンアルコール飲料、
および酒類またはノンアルコール飲料を含むギフトセットなど・・・


このように酒類だけでも細かく商品例が記載されています
他の項目も詳細が細かく記載されていますが・・・




記載されている文章を読んでも分からなかった場合は
Amazonに質問しましょう!


自分で調べても良いのですが
Amazonに質問して回答してもらうのが1番正確な答えを知ることができます


分からないままにして
商品の仕入れや出品をしてしまうと
痛い目を見る可能性が非常に高くなるので
分からないことは早く解決してくださいね(^^)

解決
解決





今回も【せどりコンサルブログ】を

最後までお読み頂きありがとうございましたー!!




これからも店舗せどりや電脳せどりで役に立つ情報を

配信していきますので楽しみに待っててくださいねー!!




P.S
せどりブログランキング1位獲得しました!!
毎日の様に稼げるネタが満載で【今一番稼げるメルマガ】のクロユキのメルマガはこちら
↓  ↓  ↓
【クロユキメルマガ】へ登録する


直接聞きたいことがある人はこちらから連絡下さい!今なら期間限定のプレゼント付き
↓  ↓  ↓
友だち追加

こちらは個別のやりとりになりますので

せどりでの悩みや仕入れが出来ないなどありましたら連絡してきてくださいね。