ついにとうきょう販売開始になるクロユキの新コンテンツ

【サイバー・クロノミクス】

サイバー・クロノミクス
サイバー・クロノミクス

サイバークロノミクスとは

刈取コンテンツ『Harvest Arrow』

ヤフオク・フリマコンテンツ『Hunting Arrow』




この2つからなるコンテンツセットになります。

なぜ今回クロユキのこの刈取とヤフオク・フリマのコンテンツをリリースしようとしたのか

ここからお話させて頂きたいと思います。

サイバークロノミクスとは

電脳せどりといえばみんなは何を思い浮かべるでしょうか

ネットショップ・ヤフオク・フリマ・刈取などなどありますが、

やはりクロユキはその中でもネットショップ仕入れを思い浮かべます。




ネットショップ仕入れは電脳せどりで必要なリサーチ方法や知識を色々吸収出来るので

電脳せどりの入り口においては今でも尚オススメの分野になっています。

ただこのネットショップでは今大きな問題を抱えてしまったのです。

ツールの驚異的な進化

これこそが最大の問題点になってしまったのです。

今ではボタン一つでヤフーショッピングや楽天はもちろん公式ショップなども含めて

ネットで見れるほぼ全てのショップの利益商品を抽出することが出来ます。




もっと簡単に言うと・・・

アナタが苦労して探してきた商品はクリック一つで発見されてしまう

ということです。




最近は性能が良いツールも安価で出回るようになりました。

利益商品を簡単に発見出来てしまう環境こそが利益商品を発見出来にくくしてしまったのです。
ではどうすればいいのでしょうか。

それは他の仕入れ先も増やしてバランスを取ることです。

仕入れ先を増やす

ヤフオク・フリマ

ヤフオクやフリマの仕入れは基本一点ものとなります。

そのため価格競争が起きる可能性が非常に低いのです。

これはネットショップにはない安定した商品を仕入れることが可能になります。




さらにヤフオクやフリマ仕入れはメーカーとつながりがある業者のような出品者が出てきます。

同じ商品やメーカーだけ出し続けている人がいるのでそこをチェックしていけば

安定して仕入れが出来るようになります。




ヤフオクやフリマからの仕入れは

価格競争が少なく、さらに大量仕入れも可能になります。

刈取

はっきり言って刈取は稼げる金額が桁違いになります。

ネットショップもヤフオク・フリマも仕入れが出来てもある程度で頭打ちになります。

しかしこの刈取はちがいます。




なぜこの刈取は頭打ちにならずに仕入れが出来るのか・・・

それは仕入れ先がAmazonだからです。相手はAmazonなのです。

それ故仕入れ先がネットショップなどと比べても在庫数も桁違いにあります

なぜ刈取とヤフオク・フリマなのか

刈取は釣りのように、「待ち」を基本スタンスとする仕入れです。

一般的なせどりと違って現時点では利益が取れない商品すら仕入れ対象になります。

それはつまり、仕入れ対象となる商品がほぼ無限に存在する事を意味しています。

資金の都合で全て仕入れきれないという問題すら発生する、異次元のせどりジャンルです。




刈取は待ちの仕入れになるので、今日はガッツリ刈り取ろう!と言って仕入れが出来るものではありません。

当然刈取商品を何個ももっていれば仕入れはそういったこともなりますが

基本は在庫が復活した際や、価格が動いたときなどが仕入れタイミングになるので

外的要因が必要になります。




それに比べてヤフオクやフリマは24時間いつでも仕入れをすることが可能になります。

ネットショップのような激しい価格競争をほとんどありませんので

安定した仕入れ先としてうってつけなのです。

続きはこちらで

色々書いてきましたが結局やるかやらないかは自分次第になります・

しかし、実際にクロユキは刈取やヤフオク・フリマでコンサル生など稼がせることに成功しています。




刈取・ヤフオク・フリマ仕入れをマスターして、

安定して稼いでいきたいかたはこちらを確認してください
↓  ↓  ↓

コンテンツ
コンテンツ