どうもー、クロユキです(^^)/

【電脳せどりコンサルブログ】を見てくれてありがとうございます!

リアルタイムで稼げる情報や商品情報などは

LINE@で流していますので、すぐに稼ぎたい!!という方は

クロユキのLINE@へ登録しておいてくださいね!
↓  ↓  ↓
友だち追加

今回の電脳せどりコンサルは
『Amazonで売るための仕入れ判断ポイント』




せどりでAmazonを利用して販売をする際に
仕入れの判断基準を間違えてしまうと・・・

売れない
という事になってしまいます

売れない
売れない



今回は、せどりでAmazonを利用して商品を売る場合の
仕入れ判断基準をレクチャーしていきましょう!

基本中の基本ですが、これが一番重要です!!

それでは電脳せどりコンサル始めます!

電脳せどり 仕入れ判断をミスると

Amazonで販売しようとして商品を仕入れる際に
どのような部分を基準に仕入れ判断をしていますか?

仕入れ判断を誤ると・・・
売れない、赤字になる、不良在庫が出る・・・
良い事は何もありません

売れない
売れない

せどりにおいて、商品の仕入れ判断は最も重要なポイントのひとつです

ただ判断といっても、何を見てどのように判断すればいいか
以外と知られていない部分も多くあります


今回は、電脳・店舗どちらでも必要になる仕入れ判断ポイントを覚えていきましょう!

まずは、仕入れ判断に使うツールから紹介していきます(^^)/

電脳せどり 仕入れ判断に使うもの

仕入れ判断に使うツールはいくつもありますが
特に重要なものをいくつか紹介していきます

⓵ モノレート

モノレート
モノレート

モノレートはAmazonの商品販売状況をグラフや数値で表示してくれる
せどりで最も利用する判断ツールです

過去~現在までの価格・出品者数・ランキング・ライバル観閲数などの推移を
グラフと詳細な数値表で表してくれます


このモノレートをしっかり見れるかどうかで
仕入れ判断の半分以上は決まるといっても過言ではありません!

モノレートはブラウザ表示タイプのツールなので
ブックマークなどをしておいて、ページを開いて利用します



⓶ Keepa

Keepa
Keepa

Keepaはモノレートと同じような販売状況を確認するためのツールです

モノレートでは取得できなかった一瞬の入庫⇒販売のようなデータも取得できて
より詳細な販売データを確認できるのが特徴です

その代わり、ライバルの観閲情報などはありません


Amazonの商品一覧画面で同時に表示することも可能なので
モノレートを別ウィンドウで表示しなくても
ある程度の販売履歴が確認できるなどの便利な機能が付いています

Keepaは拡張機能タイプのツールなので、インストールして利用します



⓷ モノサーチ

モノサーチ
モノサーチ

ライバル出品者の在庫数を表示したりできるので
仕入れ数の判断などに利用できます

選択したワード等で様々なサイトへ簡単に検索ジャンプできる機能も付いているので
電脳せどりのリサーチでも重宝するツールです

モノサーチも拡張機能タイプのツールなので、インストールして利用します



⓸ XDEALER

X
X

ライバル出品者の出荷数・在庫数を表示してくれるツールです
こちらも仕入れ数の判断などに利用できるツールです

2週間ごとの出荷数を目安で表示してくれますので
どの出品者の在庫が動いているのかなども確認する事ができます

XDEALERも拡張機能タイプのツールなので、インストールして利用します。



⓹ モノゾン

モノゾン
モノゾン

モノレートの画面で、商品がどのくらい売れているのかを
簡易的に表示してくれるツールです

月販数がどのくらいかを目安で表示してくれるので
売れているかの確認と、どのくらいの数を仕入れ可能かの簡易的な判断に役立ちます

モノゾンも拡張機能タイプのツールなので、インストールして利用します




これだけあれば、それなりの精度で仕入れ判断が可能になってきます

それではそれぞれのツール説明をしていきましょう(^^)/



電脳せどり 仕入れ判断のポイント


⓵ モノレート



モノレート
Amazonで販売している商品の販売状況を確認できる
せどらー向けの仕入れ判断ツールになります


無料で提供されていて、特に登録なども必要なく
WEBページでひらいて利用できます
→ モノレート トップページ ←

ブックマークをして常に呼び出せるようにしておくと
便利だと思いますよ(^^)/

ブックマーク

ブックマーク

モノレートはAmazonの販売データをもとにして
過去の販売データや現在の販売状況を表示してくれます

モノレート

モノレート
モノレート

モノレート
モノレート

モノレート

・過去の値段の推移出品者数の増減
・どのくらい売れているか
・ライバルがどのくらい見ているか

このようなせどりに必要な情報がギッシリ詰まっています!




そして最も重要なのが
モノレートは せどらー しか見ない
という点です




一般のユーザー(お客さん)はモノレートは見ません

このツールはせどらーが仕入れをするために必要な情報を
得るためのツールなので一般の人たちは見ないんです

では、具体的にどのようなものが確認できるのか?
見ていきましょう!




【トップページ】


まずトップ画面から説明していきましょう

トップ画面は主に7つの部分で成り立っています

トップ画面

トップ画面

1.検索窓
2.絞り込み検索
3.注目商品
4.急激に価格が下がった商品
5.急激に価格が上がった商品
6.モノレートを見たユーザー数が多い商品
7.モノレート初心者への使い方ポイント

ここではその中から仕入れ判断に使う部分をピックアップして説明していきます




■ 検索窓 ■


モノレートの商品検索には

・商品名、型番などのワード
・JANコード
・ASINコード(Amazonオリジナルの商品コード)
・ISBNコード(世界共通の図書専用コード)

を入力して商品検索を行います




商品名やコードを入力して[エンターキー]か
右側の[グラフを見る]をクリックすると

入力

入力
検索結果

検索結果

このように検索結果が表示されます


検索したいカテゴリーを絞りたい場合は
左側にある[全てのカテゴリー]をクリックすると

全てのカテゴリー

全てのカテゴリー

カテゴリー一覧が表示されます


カテゴリのみ選択した状態で[グラフを見る]をクリックすると

そのカテゴリの一覧

そのカテゴリの一覧

そのカテゴリの一覧がランキング順に表示されます

検索結果の表示順を変更したい場合は
並び替えの[キーワードに関する商品]部分をクリックすると

検索結果の並び替え

検索結果の並び替え

検索結果の並び替えが可能です




■モノレートを見たユーザーが多い商品■


モノレートを観閲した人数が多い商品がピックアップされます

観閲した人数が多い

観閲した人数が多い

モノレートは一般の人が見ないので
観閲した人数 = モノレートを見ているライバル数
ということが言えますね!

ここにピックアップされた商品は多くのライバルが見ているので
それだけ多くのライバルが出品してくる可能性があり
価格競争や供給過多による販売数低下などが予測できるワケです




続いて商品画面の説明にいきましょう(^^)/




【商品画面】


モノレートの商品画面は大きく分けて3段階になっています

上部分・・・ 商品写真・商品名・コード類・ランキング
現在の商品価格や目安の利益額など

中央部分・・・過去(最大12ヶ月分)のグラフ表示
価格・出品者数・ランキングの推移と
モノレートを見た人数の推移

下部分・・・ 販売データの日時別詳細データ
日ごと、時間ごとの出品者・価格の推移

それぞれ詳しく見ていきましょう(^^)/




■モノレート商品画面〔上部〕■


モノレート画面上部

モノレート画面上部

1.商品画像
2.商品名・型番
3.出品規制商品の警告
4.商品の発売日
5.カテゴリー(左側)とランキング(数字)
6.参考価格(定価・メーカー希望小売価格)
7.ASINコード
8.JANコード

モノレート画面上部

モノレート画面上部

A.出品されている商品状態
B.新品出品の最安値
C.カート取得出品者の価格
D.中古出品の最安値
E.左の新品最安値での出品時に手数料を引いた純利益額(目安)
F.左のカート価格での出品時に手数料を引いた純利益額(目安)
G.左の中古最安値での出品時に手数料を引いた純利益額(目安)
H.新品・中古の各出品者数
I.各リンク(クリックすると各サイトへ飛びます)
商品詳細・・・Amazon商品ページへ
価格比較・・・モノサーチ商品ページへ
FBA料金・・・FBA料金シミュレーターへ
レビュー・・・Amazonのレビューページへ
出品制限・・・セラーセントラルの出品商品確認画面へ

2018年4月24に一部仕様変更が行われて
現在のページレイアウトになりました



特筆すべき点としては
3番の『出品規制商品の警告』が新たに加わった点です

メーカーが自社のブランド商品の知的財産権を主張して
出品者に警告を行う可能性のある商品に表示されます

出品者に警告を行う

出品者に警告を行う

以前にも知的財産権を警告するメーカー・商品リストを作成しましたが
この表示があれば膨大なメーカー名を覚えなくても
この部分を見て出品できるか確認できるので便利ですね!

あとはA~Gまでの
出品コンディションと最安値・純利益額の表示ですね

[コンディション]の横にある[+詳細]をクリックすると
さらに細かい出品コンディションの欄が出現します

出品コンディションの欄

出品コンディションの欄

新品の緑が自己発送出品者の最安値と利益額(目安)
新品のピンクがFBA出品者の最安値と利益額(目安)

中古は、ほぼ新品以上~良い以上までの
商品状態ごとの最安値と利益額(目安)が表示されます

[入金]横の[歯車マーク]をクリックすると

[歯車マーク]をクリック

[歯車マーク]をクリック

[出品方法選択 〇自己発送〇プライム] と発送方法が出てきますので
自分のよく使う発送方法を選択すればその計算値で利益額が表示されます

この利益額はFBA料金シミュレーターに近い数字となりますので
この画面でおよその損益分岐額を知ることができますね(^^)




下にあるリンクは商品情報が入った状態でそれぞれのページへ飛べるので
ぜひ活用してみてください!

下にあるリンク

下にあるリンク

Amazon販売が出品している場合は

Amazon販売が出品

Amazon販売が出品

このように表示されます

Amazon販売が出品している商品はカートが取得しにくいので
敬遠するせどらーが多いのが実情です…




■モノレート商品画面〔中央部〕■


モノレートの一番重要な部分はこの中央部にあるグラフです!

グラフ

グラフ

1.出品状態によるグラフ切り替え
2.カート価格(水色線)、各出品状態のグラフ表示⇔非表示切替
3.自己発送出品者の送料込み額⇔送料別額表示切替
4.過去の最安値の推移グラフ
5.過去の出品者数の推移グラフ
6.過去のランキングの推移グラフ
7.過去にモノレートを見たユーザー数の推移グラフ

それぞれ詳しく見ていきましょう!




1.出品状態によるグラフ切り替え
2.カート価格(水色)、各出品状態のグラフ表示⇔非表示切替
3.自己発送出品者の送料込み額⇔送料別額表示切替
4.過去の最安値のグラフ

1~4は一気に見ていきましょう!


最安値のグラフに共通するのは

上下 ⇒ 値段
左右 ⇒ 日時

という点です

上下の値段は商品によって表示される価格帯が変わります
左右の日時は、グラフ右上にある部分をクリックすると変更できます

グラフ右上にある部分

グラフ右上にある部分

左端にある部分で更に短期間まで表示できるようになります

左端にある部分

左端にある部分

①の[すべて]を選択すると、新品と中古の最安値が同時に表示されます
どちらか片方しか出品がない場合は、片方のグラフのみになります

出品状態によるグラフ切り替え

出品状態によるグラフ切り替え

[新品]を選択すると新品の自己発送とFBAが同時に表示されます

新品

新品

[中古]を選択すると中古の商品状態ごとの最安値グラフが表示されます

中古

中古

[コレクター]を選択するとコレクター出品での価格グラフが表示されます

コレクター

コレクター

コレクター出品とは、
サイン入りや特殊な限定品などの付加価値が高い商品を
専用に出品するための出品枠です

せどりではあまり使われないのでスキップします…(;^^)




5.過去の出品者数の推移グラフ

現在までどのくらいの出品者数がいたのかを示すグラフです

出品者のグラフに共通するのは

上下 ⇒ 出品者数
左右 ⇒ 日時

という点です

[新品]の場合

新品

新品

[中古]の場合

中古

中古




6.過去のランキングの推移グラフ

過去にその商品が売れたかどうかを判断するグラフになります

ランキングのグラフは

上下 ⇒ ランキング数
左右 ⇒ 日時

となります

他のグラフは価格が上がったり出品者が増えると上へ伸びますが
ランキングのグラフは売れれば売れるほど、下へ下がります

ランキングのグラフ

ランキングのグラフ

ランキングのグラフは下が1位 ⇒ 上へ行くにつれて順位が下がります

商品が売れる = 高ランクになる ということになりますので
商品が売れる = 高ランクになる = グラフ線が下へいく
ということですね!

逆に商品が売れないと、ランキングが下がっていくので
商品が売れない = ランクが下がる = グラフ線が上がっていく
というようになっていきます



7.過去にモノレートを見たユーザー数の推移グラフ

この[モノレートユーザー]グラフは
過去に何人がこの商品のモノレート画面を見たか
というグラフになります

モノレートユーザー

モノレートユーザー

このグラフが上がっている = 多くのライバルが見ていた
ということになりますね




■モノレート商品画面〔下部〕■


この部分は
日ごと・時間ごとに細かく分けられた
ランキング・最安値・出品者数が表示されます

日ごと・時間ごと

日ごと・時間ごと

左側からデータ取得日・ランキング
新品出品者数・新品最安値・中古出品者数・中古最安値・(コレクター)
の順番で並んでいます

順番

順番

日時は一番上が最新に近く、下に行くにつれて古くなっていきます

日時

日時

月日の横にある矢印をクリックすると
更に細かい時間ごとのデータ表示が可能になります

更に細かい時間

更に細かい時間

これで表示の解説は一通り終了です

ここからは実際の仕入れ時にどのような部分で判断するかです!




【価格の判断】


よく聞く失敗談が
『利益が出ると思って仕入れたら値段が下がっていた』
というものです

商品をリサーチした時にモノレートを見て
現在の価格で利益が出るのか を確認しますよね

ただし、たまたま高くなっていただけで
出品した時には前の値段に戻っていて利益が出なかった……
なんてこともよくあるワケです

たまたま今高くなっていて利益が出ているのか
これまでもこの値段で売っていて利益が出るのか

これを判断するために見るのが『最安値グラフ』です

写真

写真

写真で見ると
⓵がアマゾン販売がいる状態
⓶がプライム(FBA出品者)がカートを取っている状態
⓷が自己発送出品者がカートを取っている状態
⓸どの出品者もカートを取っていない状態
ということになります

FBAで出品する場合を例にすると・・・
FBA出品する場合に一番重要なのが
■プライム(FBA出品者)がカートを取っているか
■今の値段で売れているか
このふたつです

■プライム(FBA出品者)がカートを取っているか

FBAへ納品する(自己発送でない)スタイルの出品者は
ピンクの線(プライム)とカート取得の水色の線が
基本的に重なっていることが仕入れ基準になります

基本的に重なっている

基本的に重なっている

水色の線がピンクの線以外の所に重複しているということは
FBA出品者がカートを取っていないということになります

Amazon購入者のほとんどが[カート]から購入すると言われていますので
[カート]を取っていない ⇒ 売れないとなるワケです

売れない

売れない

つまり、水色の線とピンクの線が重複していない商品は
FBAで出品しても売れない可能性が高いということになります。

逆に、大半で水色線とピンク線が重複している商品では
自己発送出品者はカートを取りにくくなります




左側の期間を選択すると最大1年前までのグラフを見れますので
FBAで出品する場合は最低でも直近1ヶ月間くらいは
ピンク線(プライム)が水色線(カート)と重なっているか確認しましょう

左端にある部分

左端にある部分

あとは直近でAmazon販売(深緑線)がいた商品
Amazon販売が復活したら自分の在庫が売れなくなる可能性があるので
Amazon販売(深緑線)が切れて間もない商品の仕入れは注意しましょう!




■今の値段で売れているか

たとえ今計算したら利益が出ると言っても
販売した時に今のカート価格で売れなければ利益は発生しません

気をつけたいのが、直前で値上がりしている商品です

直前で値上がり

直前で値上がり

安く出品していた出品者がいなくなって
この値段で売れてくれればいいというオレ様価格の出品者価格が
カートを取得している場合です




売れていた商品だし、この時点で利益が出るからと言って仕入れると……
実際この価格では全く売れなかったり・・・

いざ出品したときに以前の価格の出品者が戻ってきて
利益が出なくなってしまった・・・ということが起こります


直近で価格が上がった場合は
上がる前の価格でも利益が出るのかどうか確認をしましょう!

上がる前の価格

上がる前の価格

グラフにマウスポインターを合わせれば価格が出ますので
販売していた過去の価格から利益が出るのか計算して
それでも利益が出るなら仕入れ可能と判断しましょう




【売れているのは新品?中古?】


もうひとつよく聞く失敗談に
『売れているから仕入れたのに……なぜか売れない』
という事をよく聞きます




売れているのに、売れない??
この矛盾はランキンググラフの確認ミスから起こります

先程、どの価格で売れているか確認しよう!って解説しましたよね

その価格で売れていたかどうかを見るには
[ランキング]と[最安値]の両方のグラフを見るとわかります

売れた価格

売れた価格

上下のグラフはリンクしていますので
ランキンググラフが下がった部分 ⇒売れた時の
上のグラフの場所が[売れた価格]となります

ココに最大の落とし穴があります!

それは
新品・中古のどちらが売れたかわからない
ということです




モノレートには新品中古のデータがありますが
[ランキング]グラフはどちらかが売れれば反映されます

なので、ここを見ただけでは
中古が売れたか、新品が売れたかは判断できないわけです

これが『売れているのに、売れない』原因になります




新品が売れていると判断して新品で出品したものの
実は中古しか売れていなかった・・・

これが中古と新品が出品されている商品の
仕入れ判断ミスをするポイントです




では中古と新品どちらが売れたか判断するには??
それがページ下側の[期間毎の最安値一覧]です

日ごと・時間ごと

日ごと・時間ごと

この部分ですね

このデータは上のグラフと連動しているので
この部分ではより細かい販売履歴が見れます

例えば、わかりやすいこの商品で見てみましょう

3月10日

3月10日

3月10日にランキングが下がっていますが
どちらが売れたのか、この時点ではわかりません

では先程の[期間毎の最安値一覧]を見てみましょう

注目してほしいのが『出品者数』『最安値』です

『出品者数』『最安値』

『出品者数』『最安値』

中古の方の出品者数は変化がありませんが
新品の出品者数が減っています
つまり、新品が売れた可能性が高くなるワケです

逆に新品の変動がなく、中古出品者が減っていれば
中古が売れた可能性が高くなるワケです




出品者数が新品・中古ともに変動なくても
『最安値』から判断できる場合もあります

『最安値』から判断

『最安値』から判断

赤線の次の欄から中古の価格が上がっていますよね

つまり、安い出品者の商品が売れて
高い出品者にカートが移ったと言えるワケです


新品も値段の変化がありますが
出品者数が変わらないまま高値 ⇒ 安値へシフトしています

通常は安い商品から売れて高くなっていくのがセオリーなので
この場合は高い出品者が値下げしただけの可能性が高いワケです




これを踏まえて先程の赤線部分を見てみると
この部分では中古が売れた可能性が高いということになりますね

あと、必ず確認してもらいたいのが
月日の横に[矢印]がある場合は、必ずクリックして詳細を出す!事です

クリックして詳細を出す
クリックして詳細を出す
クリックして詳細を出す
クリックして詳細を出す

表面上は新品が売れているように見えても
実際は違っていたという場合があります

ランキングの数字が小さくなった部分が売れている部分なので
同じ行でどちらの出品者が変動しているかをしっかり確認しましょう!

[矢印]で詳細が出せる商品はクリック必須です!




ランキングだけ下がって、他の数値に変動がない場合は
どちらが売れたか判断しにくいので
仕入れを見送るという決断も必要かと思います

あくまでも100%の判断材料ではありませんが
この部分を意識して確認することによって
かなりの仕入れ判断ミスを減らすことが可能になってくると思います




【出品者・モノレートユーザー】


出品者グラフが直近で増えている商品は要注意です!

増えている

増えている

これは価格競争に巻き込まれる可能性を示唆しています




上のグラフだと、1週間に20人ものライバルが
同じ商品に出品をしてきているという事です

このような商品は山のように売れているなら出品することも可能ですが
販売数が低い商品などでは出品者が飽和状態になり
最悪、売れないという可能性が出てきます


このような商品はリストなどに一時的に保存しておいて
出品者が減ってきたところを狙って出品するなど
販売数に応じて判断することも重要です!




また、[モノレートユーザー]が増加した商品も
『出品できるか確認した人数が多い』という事なので
その後の出品者が増える可能性を考えて出品を検討しましょう!

モノレートユーザー

モノレートユーザー



モノレートがしっかり見れるようになれば
仕入れ判断ミスで負債を出すことも少なくできますので、ぜひマスターしましょう!



⓶ Keepa



KeepaはGoogle chromeの拡張機能で
Amazonの販売データをもとに
過去の価格やランキングの履歴を表示するツールです

Keepa
Keepa

これがKeepaのデータ画面です
なんとなくモノレートに似ていますよね

Keepaはモノレートと同じようなグラフ表示のツールですが
モノレートよりも詳細なデータを表示してくれるのが特徴です




モノレートではたまにデータ取得できなかった
一瞬で入荷⇒売れてしまった商品のデータなども
取得して表示してくれるのが最大の武器です

下のモノレート画像では5/1~5/9までの
Amazon販売入荷が1回だけ確認できますが

モノレート画像
モノレート画像

Keepaで同じ商品データを見てみると・・・
Keepa
Keepa

一瞬で入荷販売されてしまっているのでちょっとわかりにくいですが
同じ期間に3回入荷しているのが確認できます

モノレートで取得できないほどの詳細な商品データを
表示できるのがKeepaなんです




Keepaには他にも機能がたくさんありますので
次の章で解説していきましょう!

まずはインストールしましょう!


Google chromeの拡張機能なので
Google chromeがインストールされていない人は
インストールしておきましょう!
→ Google chromeインストールはコチラ ←


Keepaはchromeウェブストアからダウンロードします
→ Keepaダウンロードはコチラ ←

インストール画面が出ますので、右上の[chromeに追加]をクリックすると

インストール画面
インストール画面

確認画面が出ますので[拡張機能を追加]をクリックすると
確認画面
 確認画面

右上の拡張機能一覧に追加されます
拡張機能一覧
拡張機能一覧

これでインストール完了です

では、Keepaの詳細を解説していきましょう(^^)/




【グラフ画面】


まずはグラフ画面を解説していきましょう

これがKeepaのグラフ画面になります

Keepaのグラフ画面
Keepaのグラフ画面

簡単に説明すると

上下 ⇒ 価格・ランキング順位(緑線)
左右 ⇒ 期間

となります

ランキングだけ下へ行くほど高ランクになり
価格の方は上へ行くほど高価格となります

上下左右
上下左右

オレンジ ⇒ Amazon販売がいる(価格)
緑線   ⇒ ランキング
青線   ⇒ 新品最安値
茶色線  ⇒ 参考価格(定価)
黒線   ⇒ 中古価格
灰色線  ⇒ コレクター価格
色




色付きのの記号は
水色□    ⇒ その時点での自己発送の最安値
オレンジ△  ⇒ その時点でのFBA商品の最安値
ピンク◇   ⇒ その時点のカート価格
色付きの△や□
色付きの△や□

になります

右側の項目はクリックすると
グラフや記号のON/OFF表示切替が可能です




グラフ上でマウスポインターを合わせると

詳細なデータ
詳細なデータ

その日時の詳細なデータが確認できます



右側のそれぞれの項目にマウスポインターを当てると
特化してグラフが表示
特化してグラフが表示

その項目に特化してグラフが表示されます

モノレートで表示されなかった僅かな変動データも
このKeepaのグラフなら詳細に確認する事ができます!

僅かなデータだと線みたいになるので目視ではわかりにくいですが
マウスポインターを当てていけば細かな部分も表示されるので
細かいデータを見たい時にはマウスでなぞっていきましょう!




【Amazon画面への表示】


Keepaはわざわざ起動などをしなくても
Amazonの画面で自動的に表示させる事が可能です

Amazonの画面
Amazonの画面

設定すると商品一覧ページにも表示できるようになります


商品ページに表示されているKeepaのグラフ上部に
[設定]という部分があるのでクリックします
[設定]という部分
[設定]という部分

するとこのような画面が出てきますので
[Amazon の商品の上にマウスを置いた時、価格の履歴グラフを表示する]
[Display product’s stock quantity for some merchants on offer pages]
この2か所の選択を[はい]に設定します
2か所の選択を[はい]に設定
2か所の選択を[はい]に設定

[Setup]をクリックすると下のような画面が出てきますので
[SAVE]をクリックして設定完了です
[SAVE]をクリック
[SAVE]をクリック



この状態で商品一覧ページを見てみましょう


商品名や商品画像にマウスポインターを当てると
Keepaのグラフが右下に表示
Keepaのグラフが右下に表示

Keepaのグラフが右下に表示されるようになります


Amazon商品一覧から販売状況が見れるので
緑色グラフ(ランキング)のギザギザ具合で売れているか判断出来たり
過去の価格推移がどうだったのか(青・黒グラフ)
Amazon販売が直近までいたのか(オレンジがあるのかどうか)
などの確認が簡単に出来るようになります


わざわざ商品ページに入らなくても
オレンジグラフが今あればAmazonがいるんだな…とか
直近で青線が上がっていればたまたま高値になってるんだな…
とかもその場でわかるワケです!


わざわざモノレートや商品ページを開かなくてもいいので
それだけでリサーチ時間がグッと短縮できます!!




【出品者の出品数が確認できる】

Keepaを入れてからAmazonの出品者一覧ページを表示すると
そのセラーが持っている在庫の目安数が表示されるようになります

セラーが持っている在庫の目安数
セラーが持っている在庫の目安数

販売量に対してライバルがどのくらい在庫を持っているか判断できるので
売り切るまでの期間や自分がどれだけ仕入れるかの
判断材料になると思います



⓷ モノサーチ



こちらもGOOGLE chromeで利用できる拡張機能になります
Google chromeダウンロードはコチラ




モノサーチをインストールするには
まずGOOGLE検索で「モノサーチ」と検索してみましょう

モノレート検索
モノレート検索

chromeウェブストアのリンクをクリックすると
モノサーチをchromeの拡張機能に追加する確認画面が現れます。
chrome追加画面
chrome追加画面

この画面の右上にある[CHROMEに追加]ボタンを押すと
確認画面が出てインストールされます。(画面は登録後なので追加済みになっています)
インストールされると「モノサーチ拡張機能がインストールされました」
という画面が出て、画面下側に検索バーが表示されるようになります。
モノサーチ検索バー
モノサーチ検索バー

インストール後に出てくる画面で
「どのようなサイトで主に使用される予定ですか?」
と聞いてきますので
「アマゾン出品・ネット仕入れ全般」を選択しましょう
設定は後からでも変更できます。




モノサーチの主な機能


■ワンクリックで他サイトの同キーワードを検索できる
■ライバルセラー在庫数の表示機能
■他サイトの在庫表示機能
■FBA料金シミュレーターの自動入力と履歴表示機能   などなど…

なかなか使える機能が備わっています!
この中で仕入れ判断に使うのはライバルセラー在庫数の表示機能になります




出品者一覧のページで、ライバルセラーの在庫数を表示してくれます

在庫数
在庫数

ライバルセラーの取扱商品数も表示されますので
セラーリサーチをする上で目安になると思います。
(取扱品目が多すぎると業者の可能性があるなど)




この在庫数は100%の数字ではありませんが、参考にはなると思います




あと、ショップ名の所にあるグラフマークにカーソルを合わせれば
セラーの評価や商品の動向なども確認できます
モノサーチ動向グラフ
モノサーチ動向グラフ





付加機能ですが、FBA料金シミュレーターのボタンをクリックするだけで
ASINコード等の入力が自動で行われて大幅な時間短縮ができる機能も付いています
FBA料金シミュレーター画面
FBA料金シミュレーター画面

赤枠の部分が自動的に表示されますので、とっても楽になります!

ASIN等をコピペする必要もなく、ワンクリックで料金確認ができますので
かなりの時間短縮になります



⓸ XDEALER



XDEALER.PROGoogle chromeの拡張機能

Amazonの出品者一覧ページにて
各出品者の2週間分の入出庫状況を表示してくれる拡張機能です




通常の出品者一覧ページはこのようになってます

出品者一覧ページ
出品者一覧ページ

拡張機能XDEALER.PROを入れて表示させると・・・
XDEALER.PRO
XDEALER.PRO

このように2週以内の出荷・入荷数が表示されるようになります




このXDEALER.PROを入れる事によって
実際の在庫がどのように動いているかがわかるようになります


XDEALER.PROでは2週間分の入出荷状況が表示されますので
入出荷状況
入出荷状況

出荷 = Amazonで売れた
入荷 = Amazonに納品した
という事になります




たとえば、上の写真の出品者はKeepaだけだと
『在庫が9個』としかわかりませんが

XDEALER.PROの表示部を見ると
『2週間で30個出荷して、9個入荷した』事がわかります

つまり、今現在の在庫が『入荷した9個』の可能性が高いワケです


ここからわかるのが
この出品者は全部売れてしまったのでリピート仕入れして在庫を追加した
リピート出品者だという事がわかってきます




では、別の出品者を見てみましょう

出品者
出品者

こちらの出品者は『現在在庫が14』で
『過去2週間で16個出荷していて、入荷はゼロ』

ここからわかるのが
『2週間以上前にトータル30個入荷していて、2週間で16個出荷した』
ということがわかります


この出品者はまとめて商品を仕入れて在庫にする可能性があるという事が
このデータからわかってきますね




この情報をどのように活用していくのかというと・・・
仕入れ個数の判断に活用していきます!

仕入れ個数
仕入れ個数

先程の商品は月50~55個平均で売れているので
売れている商品なら30個とか50個とか平気で仕入れすると思いますが
そんなに多く売れていない商品だとそうもいきません


利益高いが月平均5個とかの商品を仕入れるときに
このXDEALER.PROを見て仕入れ判断の制度を高めるのに利用しましょう!



月平均5個の販売でも
・2週間以内に入荷している出品者が多い ⇒ 自分が仕入れても出荷競争になる率が高い

・2週間以内に出荷している出品者が1人だけ ⇒ カート取れるまでに時間がかかる可能性がある

・2週間以内に入荷している数が多い ⇒ 売れるまで時間がかかる可能性がある
                   他の出品者が出てくると出品者が増える可能性がある

・売れてるのに2週間以内に誰も入荷していない ⇒ 売り切るだけの出品者が多い?
                         大目に仕入れても大丈夫そうだ

などなど・・・出荷と入荷の数を見て仕入れ数の判断をする事ができます

数

基本的に出荷と入荷がカート価格の全出品者でバランスよく行われている商品なら
売り切りたい月数分の在庫を仕入れれば問題ないと思います

月間販売個数より多くの入荷がある商品などは
売れるまでに時間がかかる可能性があるかも……?などの判断ができるので
仕入れ在庫数のコントロールをする事ができます





XDEALER.PROは拡張機能なのでインストールして利用します


XDEALER.PROをインストールするにはGoogle chromeが必須になります
Google chromeは拡張機能の多さやスピード面でもせどりに有利です!
→ Google chromeインストールはコチラ ←




↓ XDEALER.PROのインストールは下のリンクから行えます ↓
→ chromeストア XDEALER.PROダウンロード ←
Google検索から『XDEALER.PRO』で検索してもOKです

XDEALER.PROは今のところ無料でダウンロード・利用できます(^^)/




chromeストアのXDEALER.PROダウンロード画面が表示されたら
右上にある[CHROMEに追加]をクリックします

CHROMEに追加
CHROMEに追加

確認画面が出るので[拡張機能を追加]をクリックします
拡張機能を追加
拡張機能を追加

Google chrome画面右上の拡張機能一覧部分に
St』と書かれた黒いマークが出現すればインストール完了です
黒いマーク
黒いマーク

このマークが点灯している状態でAmazonの出品者一覧を開くと
自動的に出荷・入荷情報を表示してくれるようになります!



⓹ モノゾン



モノゾンは、モノレートをより便利に利用するための拡張機能です


モノレート画面で売れているかを判断するときに
通常では下のグラフや、さらに下の販売数までスクロールして確認しないといけませんが
このモノゾンを入れておくことによって簡易的に販売数を確認する事ができます


モノゾンを入れた状態でモノレートの商品画面を表示すると・・・

モノゾン
モノゾン

1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月前までの『およその販売数』が表示されますので
この商品が売れているのか、売れていないのかの瞬間的な判断が可能になります

このモノゾンは実際の販売数とのズレもありますので
あくまでも『参考程度』と捉えてください

表上は新品が多く売れていることになっていても
実際は中古しか売れていない、という事もあります

ここの判断はモノレートでしっかり確認していくようにしましょう!


モノゾンのダウンロードはコチラから
↓  ↓  ↓
モノゾン ダウンロード

他の拡張機能とインストール方法は同じです




ここまではツールを利用した仕入れ判断方法をレクチャーしました

続いて、意外と忘れてはならない『ライバルの数』の説明です!



電脳せどり 仕入れ判断に出品者数の確認は必須!



商品を販売するには、ライバルの数も重要なポイントになってきます!

ライバル
ライバル

月10個売れる商品を販売するのに
1人で売るのと5人で売るのでは販売数が全然違いますよね

1人で売るなら月に10個売れるのに
ライバルが5人いると1人あたり2個しか売れない計算になります

ライバル
ライバル

ここの判断を誤って仕入れ個数を増やしてしまうと
なかなか在庫が減らず、FBA納品の場合は倉庫保管手数料などもかかってきてしまいます

なので、商品を出品する前に必ずライバルがどれだけいるかを確認しましょう!




その商品を出品しているライバルがどのくらいいるかを確認するには
Amazonの商品ページにある[新品の出品]をクリックします
(中古を出品したい場合は、ここで[中古の出品]をクリックします)

新品の出品
新品の出品



出品者一覧ページは、基本的に最安値から順に並んでいます
出品者一覧ページ
出品者一覧ページ

この中でカートを取得している出品者が出品時のライバルになります


カートを取得している出品者を確認する部分は、商品ページのこの部分です
この部分
この部分

ここに載っている出品者がカートを取得しています




出品するときのライバルとなるのは
この出品者と同じ価格、同じ出品形態で出品をしている出品者になります


先程の出品者一覧だと同じ価格、同じ出品形態で2名いました
出品者一覧
出品者一覧

これを踏まえて仕入れ判断をしていきます!



電脳せどり 仕入れ判断の流れ



先程の商品のライバルを調べていくと


商品ページ・出品者一覧から カート取得者と同価格・同出品形態が2名いる
 ▼
その2名がどれだけの在庫を持っていて ⇒KeepaやXDEALERでの在庫確認
 ▼
この商品が月に何個売れているのかを確認すれば ⇒モノレート&モノゾンでの販売個数確認
 ▼
自分が出品した場合にどのくらいの販売数を期待できる

という内容がわかってきます


ここにモノレートユーザーを見ているユーザー数を加味して
ここからどれだけのライバルが増えるかを予想すれば
おおよその仕入れ個数の判断は計算できてきます




先程の商品はモノレートで確認すると、月50個前後売れていました

モノレート
モノレート

モノレートユーザーも直近で増えていないので、急激な出品者増は可能性低です


この商品のライバルが持っている在庫数は およそ25個前後

在庫数
在庫数



ここから判断できるのが

月50個(仮定)売れていて、現在のライバル在庫が25個くらい。

ライバルが急激に増える可能性は低いが、数人増える可能性はある。

これからリピート仕入れなどの可能性も含めると、自分が販売できるのは・・・

10個~20個くらいが妥当な仕入れ個数ではないだろうか。。。

というような仕入れ予想をたてる事ができます


ここにモノレートでの価格の確認を加えれば
その商品の価格、個数、販売予測がたてれるワケです




この部分を確認せず、やみくもに仕入れてしまうと

売れない、赤字になる、不良在庫が出る

売れない
売れない

という事になってしまうわけです


この部分をしっかり確認する事でそのリスクを減らすことが可能になるので
仕入れ判断はしっかりと行っていきましょう!!




今回も【電脳せどりコンサルブログ】を

最後までお読み頂きありがとうございましたー!!




これからも店舗せどりや電脳せどりで役に立つ情報を

配信していきますので楽しみに待っててくださいねー!!




P.S
毎日の様に稼げるネタが満載で【今一番稼げるメルマガ】のクロユキのメルマガはこちら
↓  ↓  ↓
【クロユキメルマガ】へ登録する

直接聞きたいことがある人はこちらから連絡下さい!今なら期間限定のプレゼント付き
↓  ↓  ↓
友だち追加




せどりブログランキング1位獲得しました!!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

ブログランキング
ブログランキング